パルサー3



正に、ハイエンド・チャージャー! 最大出力1500W、25A! (電源電圧48V時)

ハイ・アマチュアやプロフェッショナルな皆様にお勧めです

これから電動を本格的に楽しむぞ!・・・と決意されたモデルラーの皆様にもお勧めです

(写真左はオプションのBT(Bluetooth)モジュール付きです)




ドイツ/pp−RC社 & ポーランド/ELProg社。

10年以上に渡り、ELProg社は自社の革新的なチャージ・テクノロジーの下、まず、模型用の充電器を開発。
そのテクノロジーは企業、研究所、更に軍用にも採用されております。

性能、精度、使い易さを主眼に置いて開発されたパルサー3。
マニュアルに沿って数回使ってみると、マニュアルを読み見返す必要はないかも知れません。
バランサーを内蔵したプロフェッショナルな急速バッテリー充電器です。



  ◆非常に高精度なDSP(ディジタル・シグナル・プロセッサ)により、新設計デジタル・コンバーターの電圧を遅延無く調整し、
    非常に高速で正確に、且つ最適に充放電を制御
 
  ◆既にパルサー2で実用化し実績ある「ファースト・モード」は特別な充電アルゴリズムによる急速充電機能で、
    LiXXバッテリーの充電時間を最大30%程度、短縮
    (充電電流、バッテリー・タイプ、使用状態や内部抵抗によりますが、充電容量が若干減少)

  ◆大変パワフルなバランサー(イコライザー)を装備していますので、充電時間を長引かせることなく、
   バッテリー・パック内の個々のセル電圧をバランス。 セル電圧の検出、容量制限、温度検出を行う複数の
   アルゴリズムを同時に機能させて過充電を防止

  ◆充放電パラメータや充放電状況をグラフィック・ディスプレーで常に見ることが可能
   ディスプレー表示上は小数点以下2桁ですが、内部では小数点以下3桁でデータを保持
   パルサー・グラフでは小数点以下3桁で表示

  ◆パルサー3は押しボタン付きロータリー・スィッチで直感的に操作
    操作は簡単。回す・押すの2つの機能で全ての操作が可能

  ◆良く使用する充放電設定を20通りまでプリセットが可能

  ◆内蔵のSDカード・スロットにSDカードを挿入しておくと充放電データをバックアップ可能
   パソコンにパルサー・グラフ(同梱)をインストールすると、SDカード内のデータを解析可能
   過去のデータを解析することで、早期に不良セルを見つけたり、バッテリー・パックの経年変化が分ります
   SDカードは4GB(FAT32)であればok

  ◆オプションのBT(Bluetooth)モジュールでパソコンやスマートフォン(Android、WinMobile)とワイヤレスで通信が可能
   パソコンとパルサー3をUSBケーブル(同梱)かBTモジュール経由で接続すると、充放電データをリアル・タイムに
   パルサー・グラフ(同梱)で表示し、データをパソコンに保存可能

  ◆電源がバッテリー(12、24、48V)の時、電源バッテリーが過放電にならないように保護
   電源が直流安定化電源の時は電源からの供給電流に制限をかける事が可能
   電源は2種類、プリセットが可能。パルサー3を電源に接続する時に電源を選択。
 
  ◆パルサー3は入力及び出力の逆接を保護。充電ケーブルをパルサー3に接続する時の火花を防止機能付き
   ファームウェアをインターネット経由でパソコンのダウンロードし、パソコンを介してパルサー3の新機能を追加・更新可能

  ◆筐体は2.4mm厚のアルミ板製でシッカリした造作。プラスチック製とは異なり放熱性も良く経年変化がありません

  ◆太い電源ケーブルのコネクターは5mm径

ワニ口付き電源ケーブル、SDカード、USBケーブル、温度センサーが付属
日本語説明書付き。英語、ドイツ語の説明書(pdf)は同梱のSDカードにファイルされています
日本語説明書にはリチュウム系バッテリーのバランサー・ケーブル接続のためのバランサー・コネクターのピン配置を図解
  =>多種多様なリチュウム系バッテリーに対応するためバランサー・アダプターを自作可能
    例えば、同じ特性のリポ7セルのバッテリー・パックを2本、直列にして一度に充放電、
         同じ特性のLiFe4セルのバッテリー・パックを4本、直列にして一度に充放電、等々。

BT(Bluetooth)モジュールはpp-RC社出荷時のオプションです。


【お断り】
・日本語説明書は「紙」媒体で1部のみパルサー3に同梱しています。
 再発行致しません。悪しからずご了承下さい。大切に保管して下さい。
・当店ではパソコンやスマートフォンの操作等のガイドを致しかねます。予めご了承下さい。
・BT(Bluetooth)モジュールでパソコンやスマートフォンとワイヤレスで通信が可能ですが、相性やセキュリティの設定で
 通信ができないことがあります。通信できない時はUSBケーブル経由でパソコンと接続して下さい。

パルサー3の紹介ビデオ バランサー・アダプターは別売 電源ユニットパルサー3のセットも準備しています



 バッテリーの種類  NiCd、 NiMH、 NiZn、 Pb、 Li-Ion、 LiFe、 LiPo、 LiHV
 入力(電源)電圧(下限〜上限)  12V (9〜15.5V); 24V (18〜31V); 36V (27〜48V); 48V (36〜60V)
   自動車バッテリー: 最低 30Ah(70Ah以上を推奨) 又は
   安定化直流電源:48V、1500W以上を推奨)
 自動シャットダウンに入る
電源電圧下限設定範囲
 Min. 9〜12V; Min. 18〜24V; Min. 27〜36V; Min. 36〜48V
 充放電圧(バッテリーの種類とセル数)   0.5〜64V
   1〜34 NiCd、NiMH; 1〜30 NiZn; 1〜24 Pb; 1〜12 LiHV; 1〜14 Li-Ion;
   1〜14 LiPo; 1〜16 LiFe
 充電電流  0.1〜25A  (max. 1500W)
 充電出力  400W/12V; 800W/24V; 1200W/36V; 1500W/48V
 効率  92〜97% (入力電圧対出力電圧)
 充電電流設定単位  0.1〜10.0Aは 0.1A、10〜25Aは 0.5A
 放電電流  ・放電中に電源の自動車バッテリーへ電気を戻す時 0.1〜25A (400/800/1200/1500W)
 ・電源ユニット時(放電中に電源へ電気を戻せない)0.1〜25A (100W)
 電源出力制限  50〜1800W
 温度測定  0〜99℃ (0.1℃単位)
 電圧測定  0.1〜65V
 電流測定  0.1〜25A
 時間制限  24 hr./プロセス (充電又は放電処理)
 最大バランシング能力  60W
 最大バランシング電流/セル  0.25A; 0.5A; 1.0A (連続電流)
 最小バランシング電流/セル  25mA; 50mA; 100mA (連続電流)
 バランシング・セル数  1-16 (バッテリーの種類に依存)
 バランシング精度  〜 3mV (0.003V)
 バックライト付きグラフィック・ ディスプレー  240 x 64 ピクセル
 動作温度  -5 〜 +35 ℃ / 保管時 -10 〜 +50 ℃
 大きさ  155 × 160 × 75 mm
 重さ  約 1,200 g (電源ケーブル込み)


◆主な充放電機能

主たる充放電機能は次のとおりです。
共通
  充放電の容量制限を設定可能
  標準装備の温度センサーで充放電のオン/オフ制御が可能

NiCd、NiMHバッテリーの充電
  インフレックス充電(NiXXバッテリー・パック内のセルの一つがフル充電に達したら充電を終了)のオン/オフ
  リフレックス充電(充電中に短時間の放電を繰り返し、充電メモリー効果を排除しながらNiCd、NiMHバッテリーを充電)のオン/オフ
  デルタ・ピーク値の設定可能
  充電電流はマニュアル設定(ELPROG社の技術的判断により自動的に設定する機能はありません)


LiXX、NiZnバッテリーの充電
  最大バランス電流を設定可能
  ファーストモードのオン/オフ
  リフレックス充電(充電と放電を組み合わせながらパルス状に充電)のオン/オフ
  充電完了電圧(カット・オフ電圧)の設定可能


鉛蓄電池の充電
  バランサーが無いこと以外はLiXXバッテリーと同じ機能


放電(全てのバッテリー・タイプ)
  最大バランス電流を設定(LiXXバッテリーのみ)
  オート放電(放電を始めて、最終放電電圧に達すると放電電流を1/5削減して放電を継続、・・・を繰り返し、
           設定した放電電流の1/10、又は、100mA以下に達するまで放電)のオン/オフ
  リバース(電源が自動車バッテリーの場合にのみ使用。放電エネルギーを電源の自動車バッテリーに回生
         放電電圧が自動車バッテリーより高い場合にのみ可能)のオン/オフ
  放電下限電圧の設定が可能



ダブル・プロセス(充電⇒放電、放電⇒充電)
  バッテリーに応じて充放電処理を設定可能
  繰り返し回数(1〜99)を設定可能
  充放電の切り替え時の休止時間(15秒刻みで15〜900秒)を設定可能


LiXXバッテリーの保存
  LiXXバッテリーを長期保存するために最適な電圧になるように処理
     バッテリー保存電圧になるように自動的に充電又は放電
   又は
     一旦、充電してから放電後、保存電圧まで充電のいずれかを選択可能
  保存電圧を変更可能


NiCd、NiMHバッテリーのフォーミング
  再生の特殊なフォーマット処理。
  充電/放電を指定回数(1〜99)だけ繰り返します。放電はオートで行われます
  リジェン(セルの再生を行う特別な機能)のオン/オフ
  放電下限電圧の設定可能
  デルタ・ピーク値の設定可能


バッテリーの検査(内部抵抗の測定)
  バッテリー・タイプと放電電流を設定。当該設定時のバッテリーの内部抵抗を測定します。


LiXXバッテリーのバランシング
  バッテリー・パック内の最も低い電圧に等しくなるように、
   個々のセルを同時に、かつ、独立してバランシング
  バッテリー保護のため放電中や深く放電したセルにはバランシングを回避


充放電中の状況をグラフィック・ディスプレーで表示
  バッテリーの種類や充放電処理に応じて詳細に表示
  パルサー・グラフをパソコンにインストールすると充放電のデータをリアル・タイムグラフやデータを表示し、保存呼出が可能。

充放電の終了時
  状況に応じてエラー・メッセージ、アラームを表示

BT(Bluetooth)モジュール無しのパルサー3 BT(Bluetooth)モジュール付きのパルサー3 右側面。充電コネクター(−)(+)、
温度センサー・コネクター、
バランサー・コネクターが並んでいます
背面
パソコン接続用USBポート、SDカードは標準で付いています
ディスプレーの右下にあるツマミがロータリー・スィッチ
バランサー・コネクターはMILソケット 20pin オス  

   (写真左)電源ケーブルのコネクターは5mm径
極性を間違えないソケットを使用
(写真右上)ワニ口クリップ付き電源ケーブル
(写真右下)温度センサー付きケーブル
USBケーブル



【実行時のパルサー3 ディスプレー表示例】

リポ(3セル)充電時の設定画面
ファースト・モードリフレックスがオン
リポ(3セル)充電時の画面 充電時にロータリー・スィッチを回すとセル毎の電圧(写真上左)や内部抵抗(写真上右)を表示可能
リポ(3セル)の放電時 ニッケル水素(NiMh)バッテリー(7セル)の放電時



【パルサー・グラフ表示例】
 (お断り)上記の実行事例とは一致しておりません

リポ(3セル)の充電時。グラフのみならず、数値データも別ウインドゥで表示可能
各表示ウインドゥは任意の大きさ・位置で表示可能
メニュー・バーで表示内容を指示
オート」をオンにしたリポ(3セル)の放電完了時 オート」をオンにしたニッケル水素(NiMh)バッテリー(7セル)の放電完了時
オート」で放電完了近くになると、グラフがギザギザになっていることが分かります 

戻る