ポケット・チャージャーXL

ドイツ/エボジェット(旧オービット・エレクトロニック)社の「手のひらより少し多き目サイズ」の充放電器
  充電出力は最大300W
!!

     放熱性と耐久性に優れたガッシリとしたアルミ・ボディ !!!
         小さなスグレもの !!!!

専用のSIO-インターフェース(オプション(別売))インターネットにつながったPCに接続すると、
最新版のソフトウェア(ファームウェア)を自動的にダウン・ロード可能 !!

    
常に最新機能に更新できます!!!
          新たな機能を求めて、買い換える必要がありません!!!!

  

(下記の仕様はV4です)

多種類のバッテリーに対応したコンパクトなチャージャーです。次のバッテリーに対応しています。

  • リチュウム・ポリマー・バッテリー(リポ)(1〜8セル)
  • リチュウム・イオン・バッテリー(Lion)(1〜8セル)
  • リチュウム・フェロフォスフェィト・バッテリー(LiFe)(A123)(1〜8セル)
  • ニッケル水素(NiMh)バッテリー(1〜20セル)
  • ニッケル・カドミュウム(NiCd)バッテリー(1〜20セル)
  • 鉛蓄電池(2〜24V)

◆充電は次のように行います。

 充電電流は50mA10Aです(セル数が増えると充電電流は減少します)。

◆放電は、最大30W(50mA〜3A)です。
 バッテリーの種類により放電終了電圧を自動的に設定します。

コンビ・モード(充電→放電、又は、放電→充電)のような機能も付いています(繰り返し回数の設定が可能)。

表示機能
 高性能な測定能力を有するポケットチャージャーはバックライト付きの液晶ディスプレイに時々刻々と変化する次の充電・放電状況を表示します。

  • 経過時間(分:秒 又は 時:分)
  • バッテリー電圧
  • 充電電流 又は 放電電流
  • 充電容量 又は 放電容量
  • リチュウム系バッテリーはセル毎の電圧

ソフトウェア(ファームウェア)更新機能
 
ポケットチャージャーXLは内蔵のソフトウェア(ファームウェア)を更新することで各種のバッテリーへ対応可能になります。
最新のファームウェアは同社のホームページから、ポケットチャージャーXLにいつでもダウンロード可能です。
ただし、インターネット接続されたPC環境と別売のポケットチャージャー用SIO-インターフェースが必要です)

 
イコライザー(バランサー)機能
 リチュウム系バッテリーのセンサー・ケーブルをイコライザー(バランサー)・コネクターに接続することで、
各セルのバランスを図ります。

◆その他機能

次の機能はNiXx、リチュウム・ポリマー、リチュウム・イオン・バッテリー、リチュウム・フェロフォスフェィト・バッテリー、鉛バッテリーで可能です。
  • 充電完了電圧をバッテリーの種類に応じて個別に設定可能(0.01V単位) => バッテリーを「腹八分目」に充電することが可能
  • 充電又は放電時に充電量、放電量(mAh)の制限を設定可能。充電量又は放電量とと「充電又は放電量設定値に対する充電又は放電量比率(%)」をリアル・タイムに交互に表示
  • 充電又は放電中に充電電流、放電電流を変更可能(ただし、NiXxバッテリーのデルタ・ピーク・カット時は充放電開始後、3分以内)

その他の機能
  • 電源の供給可能な最大電流の設定
  • 電源電圧の下限設定
  • LEDによる充電・放電完了表示: 見つめるのには刺激的過ぎる程の明るい赤色のLEDで充電・放電完了を表示。点滅表示か点灯表示の選択可能
  • 充電・放電完了時をサウンド出力: メロディーとピープ音の選択可能

    

◆充放電状況をパソコンでモニターし記録可能(オプションのポケット・チャージャー用SIOインターフェースが必要です)

◆ケースは放熱を考慮したアルミ製。

付属品


電源


大きさと重さ

寸法  164×145×35mm
重さ  約660g


ロベ、グラウプナー、コカム・リポ8セル用イコライザー(バランサー)・ケーブルが1本付属
リポ側のセンサー・コネクターは3セル+5セル
本体右側面(充電ケーブル、SIOインターフェース、
センサー・ケーブル用コネクターが並んでいます)
 
約20cmのリポ8セルまで使用可能なセンサー・ケーブルが1本付属
お手元のセンサー・コネクターのアダプターを使用した自作用 => 単体でも別売
  
本体左側面(電源接続用コネクターがあります) 電源接続ケーブルの本体側(写真左)と
電源側(写真右)の各コネクター

リポを放電中のポケットチャージャーXL 別売のポケットチャージャー用SIO-インターフェース付属のマクロログをインストールしたパソコンによる
充電(写真左)と放電(写真右)のモニター





ポケットチャージャー用SIO-インターフェース(別売)

当SIO-インターフェースでポケットチャージャーとパソコンを接続。パソコンにはUSBで接続します。
パソコンに同梱のマクロログをインストールすると次の機能が使用できます。

パソコンはWinowsXP、Windows Vista、Windows7をご使用下さい。
(パソコンへのインストールはお客様にてお願い致します。当店ではパソコンの操作等のガイドを致しかねます。予めご了承下さい。)



戻る