ダクティッド・ファン(インペラー外径: 90mm程度)

【推力について】統一的な推力測定方法はありません。下記に記載の推力は各メーカーの公表値です。保証値ではありません。目安として下さい。
       (搭載された機体の形状、ダクトの形状等によって、推力は変化します。)

 


ファザファンU-シリーズ

チェコ/ファザモデル社製の電動ダクティッド・ファン・ユニット。

インペラー、ステーター、シュラウド、モーター・シュラウド全てカーボン製モーター・マウントGFRP製

アルミ製削り出しモーター・アダプターモーター・シャフトを互いに直交するように4ヶ所からイモネジで固定

モーター・アダプター受けもアルミ製でインペラーと一体化。

当インペラー単体の単体販売はありません。

モーター・シャフトを互いに直交するように
4ヶ所
からイモネジで固定

ファザファンU-82 ファザファンU-90
外径(mm) 83 91
内径(mm) 82 90
長さ(mm) 65/150 65/150
重さ(g) 60 73
モーター最大外径(mm) 39. 39.
モーター・シャフト径(mm)
ブレード枚数  7






ターボファン2000NG

ドイツ/エアロノウト製。同社ターボファン4000ターボファン8000と同じような構造。

ブレードは絶妙な3次元形状の新世代(NG(New Generation))インペラー。電動専用に可能な限りの高効率を得られるように開発され、軽量な仕上がりです。40N(約4kg)以上の推力を出すことが可能です。

インペラーステーターモーター・シュラウドテール・コーン全てカーボン・クロス製
インペラー・シュラウド(外筒)はロハセル系素材を心材として内外面をカーボン・クロスで補強し、強度と軽量化を両立。ステーターとモーター・シュラウドは一体成形され、ステーターをインペラー・シュラウドに位置決めして接着固定が必要。

モーターの動力ケーブルをステーターの中を通せるようになっています。
(もしくは、モーターの動力ケーブルをテール・コーンの後ろの開口部から引き出すことも可能)

インペラー・シュラウド内径は約90mm、外径は約95mm、長さは約115mm。モーター・マウントはGFRP製でモーター・シュラウドに取付済み。 モーター取付穴ピッチ径は25mm。

インペラーの許容最高回転数は40,000rpm最大入力は3kW

モーター・シャフト径5mm。モーター・シャフトはアルミ製のコレット・チャックで固定。モーターの外径は最大40mm、長さは110mm程度まで。
バッテリーはリポ5セル以上で、モーターは1140〜2100rpm/Vを推奨。
モーターはレーナー/シリーズ19、コントロニク/Fun600-18から600-21、プレッテンベルク/シリーズ220等。

インペラー・シュラウド固定用リングが約2mm厚のGFRP製。写真のユニットの重さは約95g。

  (写真左) インペラーはブレードとスピンナーをカーボン・クロスで一体成形
(写真右) インペラーのモーター側。インペラーのバックプレートはアルミ削り出しの部材。モーター・シャフトをコレット・チャックで固定。
  (写真左) 一枚のステーターはモーターの動力ケーブルを通せるように成形。インペラー・シュラウド側には同ケーブルの通し穴を加工済み。穴の位置が合うようにステーターとインペラー・シュラウドを要接着。
(写真右) フル・カーボン製のテール・コーンの後方には排気口が開けられています。この排気口からモーターの動力ケーブルを引き出すことも可能。

 

 

IMP89
ドイツ/シュベルトフェガー社製。
インペラー径約89mm。ブレードは5枚。

当インペラーの特徴はブレードの取付角度をモーターに合うように調整可能です。
ブレードは前後に分割されたスピンナー本体にはさまれ、M3ネジでスピンナー本体を固定(写真右は後方から見たインペラー)。
M3ネジをゆるめると、ブレードの角度を調整可能になります。インペラーは組立済み。ただし、調整後はスピンナーに瞬間接着剤で要固定。

ステーター、モーターマウント固定部、シュラウドは一体成形されています。テール・コーンをモーターマウントにネジ込み固定。
シュラウド長さ50mm。ユニット全体の重量約104g。

モーター外径は39mmまで、長さは50mmまで。モーター・シャフト径は3.17mm5mmがありますご購入時に、ご指定下さい)。モーター取付穴ピッチは25mm。

モーターをインペラーに固定するアダプターはアルミ削り出しコレット・チャック型(モーター・シャフト径3.17mm用と5.0mm用で若干形状が異なりますが、取付互換はあります)。
アダプター先端のネジでスピンナー・キャップをスピンナー本体に固定。アダプターからモーター・シャフトを取り外す時に、このネジをねじ込むとモーター・シャフトを押し出す事が可能。

組み立てたIMP89を前方、後方から眺めた写真

 

 

 

ターボファン1000

エアロノウト製。写真のようにバラバラのためブレード、ステータを低粘度瞬間接着剤で固定要。
メリットは使用モーターに応じてブレードの角度を決められる事です。

インペラー径約89mm
アルミ製のモーター・アダプターはφ3.17mmとφ5mm用付き。シュラウドはカーボン製

ダクト内径は90mm。当ユニット自体は約56g。他のパーツはプラスチック製。

540VZで推力約700g(電圧9.4V、電流31A)、ウルトラ930−6では推力約1200g(電圧13.7V、電流35A)。


 

 

 

 

HW−620

ドイツ/ベェモテック製のダクティッド・ファン・ユニット。

サイズと性能がほぼミディファンと同じ。より流速が早くなりますが、静止推力は極少しだけ少なくなります。

インペラー径85mm。ブレードは6枚.、ステータは5枚。 インペラー、スピンナー、ステータはプラスチック製。
内部コーン(モーター・カバー)、シュラウドはカーボン製。

内部コーンには後方に開口した空気取出口付き。ステータはダクトにネジ止め済み。

シュラウドとその内部の重量約80g。シャフト径は4mm又は5mm(ご購入時にモーター・シャフト径をご指定下さい)。
モーター固定ネジ間距離は25mm。モーター外径は37.5mmまで。

ブラシレス・モーターでは例えば、レーナー/ベイシック2400(12セル)〜1940-12(14〜20セル)。レーナー/1940-12で、21.5V時、39Aで推力約1560g。
 

 [元へ戻る