レーナー/シリーズ30



シリーズ15,19そして22の経験を生かして提供された、通常の模型用とは思い難い、高出力のブラシレス・モーターです。

モーター背面には6本のケーブルが出ています。 

コントローラーの出力ケーブルを直接、モーターのケーブルにハンダ付けするか、
写真のようにレーナー/ハイ・アンプ・コネクター200Aをモーター・ケーブルにハンダ付けして下さい。

写真のようにコイルの結線(デルタ結線・スター結線)を簡単に設定できるようになっています。


回転特性表は こちら をご覧下さい。

出力の目安は3040(6kwまで)、3060(8kWまで)、3080(11kWまで)


【お断り】 シリーズ30の3又は4ターンは手間をかけた巻線になるため加算金が発生します。

 
フロント側
(クーリング・システム無し)
 フロント側
(クーリング・システム付き)
モーター背面
(クーリング・システム付き)
スター結線時(注記1)
(クーリング・システム無し)
デルタ結線時(注記1)
(クーリング・システム無し)

(注記1)ハイ・アンプ・コネクター200A及びシリーズ30用水冷クーラーはオプションです。

シリーズ30用デルタ結線ストラップオプション

デルタ結線時に上右の写真のように配線する代わりに、隣接する2本のケーブル毎に当ストラップを
ハンダ付けします。ストラップはハイ・アンプ・コネクター200Aと同じ素材を削り出した加工品。
同オス・コネクター3個と熱伸縮チューブ付き。




 

◆寸法と重さ(ハイ・アンプ仕様)
タイプ 3040 3060 3080 
 L 80 100 120
 重さ(g) 1000 1200 1600
 シャフト径(mm)  10
最高回転数は約50,000rpm  


 

◆寸法と重さ(クーリング・システム付きハイ・アンプ仕様)

タイプ 3040 3060 3080 
 L 92 112 132
 重さ(g) 1050 1250 1650
 シャフト径(mm)  10
最高回転数は約50,000rpm  


一覧表へ戻る