DG808(4500ARF)

チェコ/ロイヤルモデルのセミ・スケール・グライダー。サーマル・ソアリングもokデス!
















  主  翼は翼型がHQ2.5/14で、スチロールコアにアベチ板貼り。フィルム貼り済み。
ウイングレットは白色ゲルコートGFRP製で、翼端翼に接着固定。
この翼端翼を5mm径カーボン・カンザシで主翼翼端に固定。

エルロン、スピード・フラップはヒンジ・テープで主翼に固定済み。
スポイラーを組込済み。スポイラーは幅約300mm、高さ約30mm。
操舵用各サーボを主翼内に搭載。サーボ取付穴は全て加工済み。

カンザシは14mm径のスチール製。カンザシ受けは完成。


  胴  体、キャノピー・フレームは白色ゲルコートGFRP製。キャノピーを切り取りキャノピー・フレームに組立要。
キャノピーを胴体に取付加工が必要。


  水平尾翼はスチロールコアにアベチ板貼り。フィルム貼り済み。エレベーターはヒンジ・テープで水平尾翼に固定済み。
2本のM5プラスティック・ネジで垂直尾翼に固定。
垂直尾翼内に接着済みのエレベーター・サーボ取付台にエレベーター・サーボを搭載。


  ラダーは白色ゲルコートGFRP製。ラダーはプル・プル・ワイヤーの両引き。軽量かつ正確なコントロールが可能。


  RC装置は8ch以上でグライダーのミキシング要。リンケージ部品、サーボ・カバー、デカール、及び図入り英文説明書付き。
翼長4500mm、機長1720mm、翼面積約76dm2、

機体(キットの状態)のみの重さ約4600g。

 
剛性のある主翼。スポイラーを組み込み済み
 
胴体側の主翼端面 スチロールコアにアベチ板貼り。フィルム貼り済み。
翼端翼と主翼端面
白色ゲルコートGFRP製ウイングレット ウイングレットと翼端翼を接着固定。5mm径カーボン・ロッドのカンザシで主翼に固定 
スポイラーを出した状態 白色ゲルコートのGFRP製のキャノピー・フレームと
迫力ある大きさのキャノピー
垂直尾翼内に接着済みのエレベーター・サーボ取付台  白色ゲルコートGFRP製のラダー
白色ゲルコートGFRP製の胴体。ボリューム感タップリ スチロールコアにアベチ板貼り。フィルム貼り済みの水平尾翼。
軽量にして、十分な剛性あり。ややもすると重たくなるテールの軽量化に貢献


一覧表へ戻る