DG303(3750ARF)

  

チェコ/ロイヤルモデルのセミ・スケール・グライダー。サーマルスロープも楽しめます

  主  翼はスチロールコア/アベチ板貼にフィルムを貼った完成翼。エルロンは主翼にヒンジ・テープで固定済み。
翼型はHG2.5/14。スパーをカーボンで補強。

ウイングレットは白色ゲルコートのGFRP製。主翼に接着固定。

カンザシは14mm径のスチール製。主翼側カンザシ受けは加工済み。

組み込み済みのスポイラーは幅300mm、最大高さ30mm。

47mm径のサーボ取付穴を加工済み。エルロン・サーボは13mm厚程度、スポイラー・サーボは16mm厚程度まで。

  胴  体は白色ゲルコートのGFRP製。

キャノピーは透明エンビ板の真空成形品。キャノピー・フレームは白色ゲルコートのGFRP製
キャノピーはキャノピー・フレームに沿って切り取り、キャノピーを胴体に取り付ける加工要。

カンザシ受け(真鍮パイプ)を取付済み。

垂直尾翼上面内に水平尾翼固定用ナットを取付済み。

  水平尾翼エレベーターはバルサ単板にフィルム貼り済み。エレベーターは水平尾翼にヒンジ・テープで固定済み。
水平尾翼は2本のプラスチック平ネジM4で垂直尾翼に固定。
エレベーター・サーボは垂直尾翼内に搭載。

  ラダーは白色ゲルコートのGFRP製。ラダーのリンケージはステンレス・ワイヤーの両引き。

メカは6ch以上。リンケージ・パーツ、サーボ・カバー、デカール付き。
説明書は英文です。簡略図と写真入りのため、この種の機体の工作経験があれば組立可能と思います。

翼長3750mm、機長1720mm。翼面積約67dm2。機体(キットの状態)のみの重さは約4040g。

【右斜め上のキットの写真】 右主翼はスポイラーを出した状態。左主翼は裏面。少しへこんだように見えるのは
スポイラー・サーボの取付穴。

       
 主翼の胴体側端面  主翼裏面から見たエルロン
   
 スポイラーを納めた状態 機首側から見たスポイラーを最も出した状態  白色ゲルコートのGFRP製のウイングレット
      
 スケール感あふれる胴体 シッカリした白色ゲルコートのGFRP製のキャノピー・フレート 
   
ヒンジ・テープでエレベーターを水平尾翼に固定済み  水平尾翼を固定する 垂直尾翼上面 エレベーター・サーボとラダーを固定する垂直尾翼の背板(写真左)。白色ゲルコートのGFRP製のラダー(写真右)。 

一覧表へ戻る