アーカス E2.2 ARF

小さな機体に機能を満載!!  アップ&ゴー、引込脚、スポイラー、・・・が組み込み済み!



ドイツ/ロベ社のセミ・スケール電動グライダー。

機体はロベ社の「アーセル」と言う、粘り強く粒立ちが細か目の発泡ポリスチレン/ポリエチレン製。


  主  翼は2分割。ウイングレットを一体成形。
カンザシは外径8mm、肉厚約1mmのカーボン・パイプで、左右の主翼内に固定済み。この左右のカンザシを
同梱のカンザシ受けに差し込み、左右の主翼を結合。
エルロン・ヒンジを主翼と一体成形。
高さが約22mmまで出てくる約180mm幅のスポイラーを組み込み済み
エルロン・サーボ、スポイラー・サーボを搭載し、リンケージ済み。(9gサーボを4個使用)

  胴  体にはブラシレス・モーター、コントローラーを搭載済み。
ラダー、エレベーター、引き込み脚、アップ&ゴー・パイロンの各サーボを搭載済み。(パイロンには25gサーボ、その他には9gサーボを3個使用)

7×4の折ペラを着装済み。 エレベーター、ラダー・リンケージは0.8mm径のピアノ線。
キャノピーはスモーク・プラスチック板を成形。計器盤付を付けてスケール感を演出。
キャノピー前部を胴体に差し込み、後方を胴体のラッチ部に乗せるようにしてキャノピーを胴体に固定。

  水平尾翼垂直尾翼はエレベーター、ラダーを各々一体成形。機首に搭載されたエレベーター、ラダーの各サーボとリンケージ済み。


  アップ&ゴー・パイロンの格納位置やモーター・オン/オフ位置を制御するミキサー・モジュール付き。配線済み。
組み込み済みのコントローラー
はBEC付き。リポ3セル。最大20A。(コントローラーは工場出荷時に調整済み)
バッテリー側のコネクターは付属していません。

  受信機は7ch以上。もし7chの場合は、キットに同梱の2分岐コネクターで左右のエルロン・サーボを制御。
8ch以上であれば、受信機に左右のエルロン・サーボを接続。
リポは3S1P-1300mAh。(バッテリー側のコネクターは付いていません)
説明書は英文ですが、多くの写真と詳しい図入り。

翼長約2240mm、機長約1020mm、翼面積約30.7dm2、飛行時重さの目安は約1100g。翼面荷重は約35.8g/dm2
(お断り)日本への長い道中の搬送で、若干のヘコミや翼端に若干のシワ等が発生していることがあります。
製造の都合上、主翼下の胴体左側面に小さなヘコミ穴が6ヶ所あります。予めご了承下さい。

【注記-1】 スポイラー、アップ&ゴー(エンコン)、引込脚に使用するチャンネルをお手持ちの送信機・受信機に応じて決定して下さい。
【注記-2】 位置設定のため、スロットルとAUXの送信機側とミキサー・モジュール側の調整が必要です。
モーターを回しても良いように調整時はペラを外すことをお勧めします。


 
 主翼上面 一体成形されたウイングレットは塗装済み 胴体側の主翼端面。突き出た黒い棒(カーボン・カンザシ)をカンザシ受け(写真直下)に挿入
 
 主翼裏面 スポイラーを出した状態 カンザシ受け
 
胴体側面  機首周り。配線済み。各ケーブルにはタグを添付 計器盤付を付けてスケール感を演出したキャノピー
   
閉じたアップ&ゴー胴体カバー 搭載済みのアップ&ゴー・パイロン用サーボと
コントローラー
ラダー・ヒンジは垂直尾翼と一体成形。
ラダーはリンケージ・済み
 アップ&ゴーの出し入れに追従して
胴体カバーが開閉
引込脚が出た状態。ノーズ・ギアは回転します。 閉じた引込脚カバー
 
胴体側のラッチに入れる、キャノピー側の凸部。
キャノピー後部の両端を上方向に引き上げるとキャノピーを開けられます
エルロンとスポイラー・サーボ用のY-ケーブル  アップ&ゴー・パイロンの出し入れやモーター・オン/オフを制御するミキサー・モジュール
ミキサー・モジュールのスロットル・ケーブルとAUXケーブルを受信機へ接続。
AUXを送信機のオン/オフ・スイッチへ接続することで、アップ&ゴーの出し入れをオート/ノーマルに切り替え可能。

「オート」にすると、エンコンをエンド・ポイントからゆっくりと動かしていくと、アップ&ゴー・パイロンを出しからモーターを起動。エンコンを逆に戻して行くと、モーターをオフしてから3秒後にアップ&ゴー・パイロンを格納。 
 
水平尾翼  コントローラーの動力バッテリー・コネクター。バッテリー側のコネクターはキットに含まれません 
製造の都合上、主翼下の胴体左側面に小さなヘコミ穴が6ヶ所あります。予めご了承下さい。
(欠陥ではありません) 


 

一覧表へ戻る