ピラタスB4(3000ARF)

チェコ/ロイヤルモデルのセミ・スケール・グライダー。

  主  翼は翼型がHQ2/12。バルサ・リブ組、カーボン・ロービングで補強したスパー、バルサ板で主翼全面を覆ったバルサ・オール・プランク。フィルム貼り済み。シャーレのような中空構造です。
幅250mm、高さ30mmのスポイラーを組み込み済み。
カンザシは10mm径のスチール。カンザシ受けは組み込み済み。エルロンと主翼パネルはフィルムの一枚貼り。ヒンジはフィルム・ヒンジになっています。エルロン及びスポイラー・サーボを主翼の左右に搭載。

 
  胴  体は白色(又は黄色)ゲルコートのGFRP製。キャノピーをキャノピー台座に接着し、胴体にキャノピー・ラッチで着脱できるように加工要。キャノピー枠はダークグレーのGFRP製。
カンザシ受けは組み込み済み。水平尾翼取付用のM3ネジを垂直尾翼上面に加工済み。
エレベーター用のリンケージ・チューブを胴体内壁に要固定。

 
  水平尾翼エレベーターは軽量バルサ単板成形。フィルム一枚貼り済み。ラダーは白色ゲルコートGFRP製のシャーレ。ヒンジで垂直尾翼に取付要。エレベーター・サーボを垂直尾翼内に搭載しエレベーターを直結操舵。ラダーは0.8mm径のピアノ線を介して操舵。

  RC装置は6ch以上でグライダーのミキシング要。サーボ・カバー、リンケージパーツ付き。簡単な図入り英文説明書付き。
翼長3000mm,全長1320mm,翼面積約56.6dm2、機体(キットの状態)のみの重量は約2170g。


スポイラーを出した状態 スポイラー・サーボ取付穴。サーボ・リード線のためにストローのようなパイプを組み込み済み。エルロン・サーボも同様。 ダークグレーのGFRP製キャノピー枠 エレベーター・サーボ固定台。上下に開けられた小さな四角穴にラダー・ヒンジを接着固定。

一覧表へ戻る