ウルトラ・ウイング


いたって単純な無尾翼機ですが、飛びには定評あり!
電動化も可能!

ドイツ/モデルフルグ・テヒニク社のハンドランチ(SAL)無尾翼機。
スロープでもok。

  主 翼は発泡スチロール・コアにガラス・クロスの直貼り。

スパーなど主要部分、主翼前縁・後縁をカーボン・ロービングで補強。

エルロンのエッジはシャープ。エラスティック・ヒンジで加工済み。

左右の主翼を突き合わせ接着し、接合部分をガラス・クロスで巻いて補強。

  翼端にあるスタビライザーは発泡スチロールに補強の軽量テープを貼っています。
翼に剛性を持たせるためのテープのためテープ端の処理の滑らかさに些か難ありです。飛行性能には問題ありません。
スタビライザー翼はカーボン・ロッドを介して主翼と固定。


  胴 体は発泡スチロール製の中空構造。内壁面全体にガラス・クロスを貼り、主翼前縁をカーボン・ロービングで補強済み。
胴体上前部をキャノピーのように適当に切り取り後、受信機、バッテリーを搭載要。切り取った部分はキャノピーとして使用。

コントロール・ホーン、主翼接合部の補強用ガラス・クロス、指掛け用カーボン・ロッド付き。
写真入り日本語説明書付き。
サーボ・カバー、リンケージ・ロッド、クレビス等は付属していません。

翼長約1000mm。機体のみの重さ 約150g。

姉妹機としてウルトラ・ウイング-RLがございます。
このような飛行事例があります。ご覧下さい。

  その他、事例です。


 ・飛行事例(その1)


 ・飛行事例(その2)


 ・飛行事例(その3) (ウルトラ・ウイングを電動化しています)


 主翼端面
発泡スチロール・コアにガラス・クロス直貼りの主翼。
写真上は左主翼上面、写真下は右主翼裏面。
左主翼々端近くの「丸い部分」に指掛け用カーボン・ロッドを通すとSAL機になります。
カーボン・ロービングの前縁 

胴体の上面(写真上)と側面(写真下) 
 
透かして見た胴体。内側をカーボン・ロービングで補強済み  補強の軽量テープを貼った発泡スチロール製スタビライザー


  一覧表へ戻る