パイク・シューピァリァ・クロステール(カーボン)

パイク・シューピァリァ・クロステール(カーボン・ライト)

パイク・シューピァリァのクロス・テール版です!
チェコ/サンバモデルのF3J、F3Bグライダー。パイク・シューピァリァ・クロステール(カーボン・ライトF3J機。パイク・シューピァリァ・クロステール(カーボンF3B/F3J機。主翼形状と構造はパイク・シューピァリァ V-テールと同じです。胴体は尾翼、リンケージ関係以外はパイク・シューピァリァ V-テールと同じで仕様で、パイク・ブリオ イクストリームの胴体と同じです。水平尾翼フライング・テール、カーボンで補強したGFRPのシャーレ。カンザシは8mm径で肉厚1mmのカーボン・チューブ。ベルクランク部分は真鍮製で組込済み。ラダーエラスティック・ヒンジで垂直尾翼と一体整形済み。エレベーター、ラダーのリンケージは2mm径、0.3mm厚の金属製チューブを使用し、尾翼側はリンケージ完了。F3BとF3Jの胴体は内蔵したバラスト・パイプが2本(F3B)、1本(F3J)が違うのみで他は同じ。胴体の部分拡大写真はパイク・ブリオ イクストリームをご参照下さい。主翼裏面と同色のGFRP製サーボ・カバー、コントロール・ホーン、9ピン・コネクター付き。舵角調整資料(ご参考用)付きです。RC装置は6ch以上でグライダー用ミキシング機能が必須。機体のみの重量はパイク・シューピァリァ(カーボン・ライト)は約1660g、パイク・シューピァリァ(カーボン)は約1750g。翼長約3300mm、機長約1490mm。主翼面積約66.5dm。(機体の色は在庫状況によります)

パイク・シューピァリァ(カーボン・ライト)とパイク・シューピァリァ(カーボン)の相違は主翼の重さが異なるだけで、他の仕様は全く同じです。パイク・シューピァリァ(カーボン・ライト)は主翼を軽量化しつつ、パイク・シューピァリァの標準仕様(主翼が主にGFRP製)と同等な強度を有する仕上がりになっています。パイク・シューピァリァ(カーボン)は、その点、より主翼が強化されています。兄弟機としてパイク・シューピァリァ V-テールF3Bがございます。

一覧表へ戻る