パイク・プレシジョンF3B

F3Jにとても強いサンバモデルのパイク・パーフェクト。そのリリースから5年が経過。
パイク・シリーズに登場した新たなるF3B競技機。新機軸RDSを搭載。

  主 翼スプレッド・トウ・カーボン・クロスを使用。主翼のネジリ剛性の向上に寄与しています。
ダブル・カーボン・クロスにすると共に、スパー部分を中心に更に補強したF3B仕様。
(F3F仕様ではありません)

エルロン、フラップは下面エラスティック・ヒンジ。主翼との隙間はフェアリング処理済み。

エルロン、フラップのリンケージはRDS
従って、エルロン、フラップの駆動機構が主翼内に内蔵され、主翼の外に出ていた従来のコントロール・ホーン等がありません。
エルロン、フラップ・サーボ(JR181)を搭載済み。
お断り: 入荷ロットにより搭載サーボはの変更があります。悪しからずご了承下さい。】

主翼側に6ピン・コネクターを固定。
サーボ・カバーは透明なプラスチック製。

バラストは主翼内に搭載。


  胴 体はノーズ・コーン・タイプ。
GFRP+CFRP、ケブラー製。機首部はケブラーとGFRP製、ノーズ・コーンはGFRP製として2.4GHzを受信できるように配慮。

エレベーター・サーボは倒立に搭載。(エレベーター・サーボを含みません)


  V-テールは着脱可能な2分割。
V-テールのカンザシは6mm角のカーボン・ロッド。胴体にカンザシを固定 済み。
エレベーターは機首にサーボを搭載し、アウター・チューブに通した2mm径のカーボン・ロッドでリンケージ。
エレベーターの長手方向 の隙間はフェアリング済み。

主翼、V-テール、バラスト、胴体の保護カバー付き。
胴体側のエルロン、フラップ・サーボ・リード線付き(両端にコネクター付き)。

翼長2942mm、翼面積59.58dm2、機長1477mm。
バラストを含まない機体のみの重さ約1830g。

RC装置は6ch以上でグライダー用ミキシング機能が必須。

機体の配色や模様は入荷状況によります。あらかじめご了承下さい。

電動バージョンこちらへ。


   
スプレッド・トウ・カーボン・クロスのため市松模様のような美しさ 主翼の中心側端面 
 
組み込み済みのRDSが見える透明なサーボ・カバー  V-テールのコントロール・ホーンは組み込み済み 
    
 胴体の側面。V-テールのカンザシは6mm角のカーボン・ロッド フル・カーボン製カンザシ。中空構造。28×14×370mm。重さ約115g。
 
エレベーター・サーボ取り付け穴は約15×34mm フックは前後に20mm程度調整可能  V-テール部分とGFRP製のテール・キャップ
直方体バラスト 53×25×10mm/個が10個。重さ合計約1350g
棒状バラスト 10mm角×93mm/本が8本。重さ合計約620g
エルロン、フラップ・サーボのコネクター付きサーボ・リード線。
受信機にサーボ・リード線のコネクターを差し込むだけ。
配線は当店でチェック済み
主翼・V-テール保護カバーは保冷バッグに使用されているような素材を使用。
翼の出し入れ口の周囲は布地。布地マジックテープで開口部を固定。
カンザシも収納できるキルティング製の胴体保護カバー




一覧表へ戻る