クリップ
 

チェコ/ロイヤルモデルのARTFのスロープ、サーマル・グライダー。電動化もokです。

   主  翼翼型はMH-32。主翼はバルサ・リブ組のフィルム仕上げ。主翼前縁に4mm径、スパーに8mm径のカーボン・パイプを各々使用。
エルロンは翼面を張っているフィルムをそのまま使ったフィルム・ヒンジ。
カンザシは6mm径のスチール製。

エルロン・サーボ・リード線を通すストロ−のようなパイプを組み込み済み。

   胴  体は白色ゲルコートのGFRP製。キャノピーはプラスチックの成形品。ケガキ線に沿って切り取り要。
既に成形済みのカンザシ穴にカンザシ受けの真鍮パイプを要固定。
機首を切り取り電動化が可能。38mm径のべニア板製のモーター・マウント付き。スピンナー径は38mm程度。

   水平尾翼エレベーターはバルサ単板。フィルム仕上げ。
エレベーターは翼面を張っているフィルムをそのまま使ったフィルム・ヒンジ。水平尾翼は胴体に接着固定。

   垂直尾翼もバルサ単板。フィルム仕上げ。水平尾翼に接着固定。ラダーはありません。


   メカはスロープ仕様では3ch、電動仕様では4ch。リポは3セル、ニッケル水素(NiMh)バッテリーでは7〜8セル程度が目安。胴体は十分な容積があります。

 図入りの英語の説明書、リンケージ・パーツ付き。(サーボ・カバーはありません)
説明書は英文です。簡略図付きのため、この種の機体の工作経験があれば組立可能と思います。

翼長2170mm、機長1140mm、翼面積33.7dm2、機体のみの重さは約580g。








 
機首には電動化用に機首を切り取るケガキ線はありません 翼端にはクモとクモの巣のすかし
バルサ単板製の水平尾翼にクモのすかし
キャノピーは黒い色のプラスチックの成形品をケガキ線に沿って切り取り要 エルロン・サーボ取付部分


  一覧表へ戻る