ジェネシス
スロープ・グライダーでも電動グライダーでも楽しめます。

オーストリア/フロイデンターラー。

  主 翼はD−ボックス構造のバルサ・リブ組、スパーはカーボンで補強。3分割。翼型はMH-30。フィルム(オラカバ)貼り済み。リブ部分は透明フィルムを貼り翼内部が見えます。
翼端部分は若干カール・アップしたプラスチック製。主翼外翼にキッチリと接合済み。
エルロン、フラップをヒンジ・テープ止め済み。エルロン、フラップ・サーボ取付穴は45×50,深さ12mm程度。
カンザシは若干上反角が付いた8mm径のカーボン製。主翼は主翼前縁に取付済みのノックピンと後縁側を1本のM5プラスチック・ネジで胴体に固定。

  胴 体は白色ゲルコートのGFRP製。キャノピー、主翼下部の開口部の胴体内壁をカーボン・ロービングで補強済み。
機首部分をケガキ線に沿って切り取ると電動仕様にできます。
水平尾翼固定用ボルト部分を要加工。同ボルトはアルミ製。
キャノピーは紺色メタリック・ゲルコートのGFRP製。胴体への固定加工要。

  水平尾翼はバルサ単板を肉抜き・成形し、フィルム貼り済み。
エレベーターもバルサ単板。フィルムを貼り、水平尾翼にヒンジ・テープ止め済み。エレベーター・サーボを水平尾翼下部胴体内に搭載。

  ラダーは白色ゲルコートのGFRP製。垂直尾翼に2枚のプラスチック製蝶番ヒンジで要固定。ラダー・サーボを垂直尾翼内に搭載。

  電動仕様の場合、ペラは18インチ程度まで。スピンナー径は38mm。胴体に比較的余裕があるためバッテリーの選択に自由度あります。リポでは3セル程度が目安。
モーターはMVVS 4.6/840 又は MVVS 4.6/840シュポルト がお勧め。

  メ カはバタフライ機能等のグライダー・ミキシング機能が必須。スロープ仕様では6ch、電動仕様では7ch。

  GFRP製モーター・マウント、GFRP製コントロール・ホーン、サーボ・カバー、リンケージ・パーツ付き。組立説明書はドイツ語ですが、写真入りのため、この種の機体製作経験者であれば組み立て可能と思います。

  翼長2500mm,全長1270mm、機体とリンケージ・パーツ込みの重量920g程度、翼面積52.6dm2。

(翼の色は入荷状況に依存しますので、ご了承下さい。)

若干カール・アップしたプラスチック製の翼端部分を主翼外翼にキッチリと接合済み 若干上反角が付いた8mm径のカーボン製カンザシ
主翼端面 エルロン(白い部分)とエルロン・サーボ取付部分 主翼上面中央部分。前縁にノックピンと取付け、後縁側には主翼固定ボルト台座部分も加工済み
上から眺めた胴体前部。キャノピーは裏面。 側面斜め上から見た胴体前部。胴体開口部内壁をカーボン・ロービング(黒い部分)で補強済み。キャノピーは表面。
エレベーター・サーボ取付部分 ラダー・サーボ取付部分 白色ゲルコートのGFRP製ラダー。シャーレ構造。

一覧表へ戻る