レーナー/シリーズ15、 シリーズ19

フル・スロットルのみならず部分負荷にも出力がタレません!


レーナー・モートーレン・テヒニク社はブラシレス・モーターは極めて多くの種類を提供しています。ご所望の動作電圧、電流、希望回転数を入力することにより適合するレーナー/ブラシレス・モーターを選出します。
モーター・タイプの見積(選出)


 

シリーズ15の写真
 シリーズ15 
モーター比較スピード400〜480クラスの大きさにして出力は同じ回転数では同クラスの4倍。スピード500〜700クラスまで使用可能です。右の写真は1520(上)とスピード400(下)を比較したものです。1515であればだいたい同じ大きさです。

最高回転数は約85,000rpm
。出力は100〜500W(最大1000W)。モーター取付ネジ穴はスピード400、480と互換性があります。プラネータ・ギヤ使用時はライゼナウアー/ミクロ・エディション(フランジはスピード400又は480用)又はライゼナウアー/スーパー・チーフをお薦め致します。
コントローラー側のケーブルにはゴールド・コネクター(Mオス)(3個/パック)をご使用下さい。


回転特性表は こちら をご覧下さい。

  

 

 

 シリーズ19 
ブラシ・モーターのシリーズ27の後継モーター。大きさはスピード500〜650に相当。

最高回転数は約85,000rpm。出力は100〜1000W(最大出力2000W)。

ミヒャエル・ラメル氏設計の電動曲技機(右写真)用パワー・ユニットをご紹介致しましょう。諸元はモーター・タイプ1940/14,コントローラーは3060,ライゼナウアー/プラネータ・ギヤ「スーパー・チーフ6:1」、32−2000mAh。リジッド・ペラ17×12を着装し6900rpm時55A(実に1700W!)。主に中スローでは飛行時間は約8分。
コントローラー側のケーブルにはゴールド・コネクター(Mオス)(3個/パック)をご使用下さい。


回転特性表は こちら をご覧下さい。


写真左は1950/10ライゼナウアー/モーター・チーフ(6:1)を組み合わせたF3A用パワー・ユニット。リポ10セル、ペラ19×10着装時、55A程度で通常のF3A機が加速しながら垂直上昇。30〜80Aで94%以上の効率を有します。当パワー・ユニットは約530g。

 


 

  

◆寸法と重さ

ご注文時、シリーズ15、シリーズ19、シリーズ22のシャフト径をご指定下さい。
(お断り)ご注文後のシャフト径変更は致しかねます。
シャフト径5.0mmの1520
長さはmm
15××
19××
××
15
20
25
30
35
20
30
40
50
L1
36
41
46
51
56
46
56
66
74
D1
29.3
36
D2
10
D3
3.17 又は 4 又は 5
3.17 又は 4 又は 5(#1)
L2
12
12 又は 16
17
PC1
19
25
PC2
16
M2.5
M3
重さ(g)
90
115
135
155
175
170
225
280
355
(注記#1)1950以外のシリーズ19の標準シャフト径は3.17mm又は4.0mmです。シャフト径5.0mmはオプションです(別途、加算金があります)。1950はシャフト径5.0mmが標準です。
レーナー/ブラシレス・モーター用モーター・コントローラー


ドイツ/ヤング・ジェネレィション・エレクトロニクス社のコントローラーをお勧め致します。(レーナー・モーター・テクニック社推薦です)

掘り出し物へ戻る