グラマンF7Fタイガーキャット

ドイツ/エアロノウト社の約12:1のスケール機。主翼、尾翼はバルサ・リブ組で丁寧な仕上げられた生地完成機。主翼のリブにはリブ・キャップ付き。主翼翼型は下面がフラットでクラーク−Yのような形状。左右パネルは接着して一枚の主翼に加工。主翼はノックピンと一本のM5プラスチック・ネジで胴体に固定。エルロンは左右主翼内にエルロン・サーボを搭載。エルロンは全周囲をカットされているため切り離しは簡単。配線用チューブを主翼内に埋込済み。この機体を強く印象付ける大きなエンジン・ナセルは白色ゲルコート仕上げのGFRP製。主翼にフィットします。エンジン・カウルは白色プラスチック板の整形品。胴体、主翼上カバーは白色ゲルコート仕上げのGFRP製。胴枠は軽量なべニア板で全てきれいにダイ・カット済み。水平尾翼は直径4mmの堅い木製カンザシで接合。胴体と水平尾翼にはにはカンザシを通す穴を加工済み。ラダーは胴体に引かれたケガキ線に沿って切り離した後、同梱のバルサ等で補強加工要。コックピットのような部品は薄い白色プラスチック成形品。切り出し要。キャノピーは透明なエンビ板の整形品。車輪は付いていません。リンケージ・パーツ類、デカール付き。詳細な組立図付き。バッテリーは8〜10セルの1700mAh以上で胴体内に搭載。メカはモーター、エルロン(2ch)、エレベーター、ラダーの5ch。翼長約1330mm、機長約1063mm、主翼面積約27.5dm2,水平尾翼面積約6.6dm2。10セル時の機体重量約1950gが目安。

 

 

 

 

モーターの使用例

  • 10セル時: アクトロC−6飛行機用カーボン・ペラ8.5×5.0アクトロニク40−18(2セット必要です)
  • 10セル時: レース400(6V)、2.64:1のギヤ・ユニットと飛行機用カーボン・ペラ8.5×6.0
  • 8セル時: スピード480レース、3:1のギヤ・ユニット(ライゼナウアー/ミクロ・エディション(3:1)など)と飛行機用カーボン・ペラ8.5×6.0
  •  

    一覧表へ戻る