F−35 ライトニング・ナノジェット


機体に機首部分、垂直尾翼、ミサイルを接着、受信機を搭載して完成!


ドイツ/ロベ社。

写真のように塗装済みの発砲スチロール製。発砲スチロールは細かい粒度。

コントローラー、ダクティッド・ファン・ユニット等を組み込み済み

ダクティッド・ファン・ユニットはアウター・ローターのブラシレス・モーター(外径26mm)を取り付け済み。

胴体後方には左右にサーボを搭載。エレベーターとエルロンをリンケージして同時駆動。

コントローラーはリポ2〜4セル、連続最大電流20AのBEC仕様。動力バッテリー・ケーブルにはゴールド・コネクター(2mm)をハンダ付け済み。

コントローラーの使用方法は至って簡単。送信機のエンコンをオフ(最下位位置)にしてスィッチをオン。
動力バッテリーをコントローラーに接続するとピープ音が出て準備完了。これで飛行可能になります。


透明で開放的なキャノピーは台座に接着済み。台座前部を機首側に差し込み、後方に着装済みのマグネットで胴体に固定。

(パイロットは付いていません)



タイヤはありません。付き。

メカはモーター、エレベーター・エルロン(2ch)の合計3ch。受信機はR617FS等2.4GHzを推奨。

ロベ/リポ・バッテリー3-850mAh(20C)付き

英文ですが、多くの写真入り説明書付き。

翼長約495mm、機長約725mm、全翼面積約11.8dm2、飛行時重量約320g。
 
      
胴体の裏面 胴体後方の左右に搭載したサーボ。エレベーターとエルロンをリンケージして同時駆動 
       
 台座前部を機首側に差し込み、後方に着装済みのマグネット(灰色の四角形)で胴体に固定
      
 エア・インテイク。パイロットは付いていません  アウター・ローターのブラシレス・モーター


 
一覧表へ戻る