ハインケルHe−219

 本格的な組立がお好きなモデラーにピッタリです!
ドイツ/エアロノウト社製の電動スケール飛行機。主翼はバルサ・リブ組のオーソドックスな作り。スパーにはリブをはめる溝がカットされています。左右のエルロンはリンケージ・ワイヤーで主翼中央に搭載した1個のサーボで駆動。本機の特徴的なエンジン・ナセルは白色ゲルコート仕上げのGFRP製。完成時は主翼は一枚翼になり、胴体には前縁をノックピンで後縁側を1本のM5プラスチック・ネジで固定します。胴体は白色ゲルコート仕上げのGFRP製。キャノピーはエンビ板を窓枠も付いているように整形済み。水平尾翼、垂直尾翼はバルサ板材で組立要。エレベーターは機首側に搭載したサーボで駆動。ラダー、車輪類はついていません。動力は10セル使用時、レース400(6V)+2.64(又は3.0):1のギヤ・ダウン・ユニット+8.5×6(又は8×6)。もしくはレース400(7.2V)+2.07:1のギヤ・ダウン・ユニット+8.5×6(又は8×6)。12セルではレース400(7.2V)+2.64:1のギヤ・ダウン・ユニット+8.5×7(又は9×6)。メカはモーター、エルロン、エレベーターの3ch。説明書はドイツ語ですが、豊富な写真と原寸図付きのため、製作経験のあるモデラーには問題なく組立て頂けることでしょう。翼長1400mm、機長1035mm、翼面積25.28dm2、完成時重量1750g程度(10−1800mAh搭載時)。

 

一覧表へ戻る