フビュッカー133ユングマイスター

ドイツ/エアロノウト社の6:1のスケール複葉機。主翼、尾翼はバルサ・リブ組の生地完成機。丁寧な仕上げです。主翼のリブにはリブ・キャップ付き。主翼翼型は下面がフラットでクラーク−Yのような形状。上下の各パネルは接着して各一枚の主翼になります。エルロンは下の左右主翼内にエルロン・サーボを搭載し下のエルロンと上のエルロンをリンケージ・ロッドで連携。エルロンは長手方向にV溝加工されているため切り離し容易。上下の主翼を位置決めするためのジグ付き。ヴォリューム感たっぷりの胴体、エンジン・カウルは白色ゲルコート仕上げのGFRP製。計器盤やスパッツのような部品は薄い白色プラスチック成形品で切り出し要。小さいキャノピーは透明なエンビ板の整形品。写真のようにピアノ線のパーツ類は曲加工済み。主翼間の連携ロッドの覆いはバルサ製で断面が水滴型のように成形済み。軽量べニア板板の部品はきれいにダイ・カット済み。メイン・ギアは直径70mm、尾輪は直径35mm。リンケージ・パーツ類、デカール付き。ヒンジはフィルム・ヒンジ又はテープ・ヒンジ(別売)。詳細な組立図付き。バッテリーは10〜12セルの1700mAh以上。メカはモーター、エルロン(2ch)、エレベーター、ラダーの5ch。翼長約1100mm、機長約1008mm、主翼面積約35.36dm2,水平尾翼面積約5.39dm2。12セル時の機体重量約2300g。

モーター・ユニット例

  • 12セル時、スピード600レース(8.4V)と3.5:1のプラネータ・ギヤ飛行機用ペラ10.5×7.0の組み合わせ。
  • 10セル時、アクトロ12−4とアクトロニク40−18飛行機用ペラ10.5×7.0
  • 10セル時レーナー/1530−8又は4.5:1のプラネータ・ギヤ飛行機用ペラ10.5×7.0レーナー/1860、1870又はコントロニク/ビート55−6−18
  •  

    一覧表へ戻る