ブレイド2

先鋭的なデザイン! 卓越した技術で製作された機体です!

ドイツ/エアロノウト社の双発電動ダクティッド・ファン機。


  主 翼胴体に馴染むように一体化されたブレンディッド・ウイング。
翼端はわずかにカール・ダウン。白色ゲルコートのロハセル系シャーレ。スパー部をカーボン・ロービングで補強。主翼は下反各が付き翼端は若干、カール・ダウン。エルロンは上面エラスティック・ヒンジで加工済み。

機体は上下に半割になった型で成形されています。上下の各型で主翼部分のみならず、胴体やエンジン・ナセル部分含め、複雑な上下の形状を各々一体成形しています。
凄い製作技術です!

エルロン・サーボは左右の主翼内に各々に搭載。エルロン・サーボは12mm厚程度まで。

垂直尾翼は固定。胴体内補強板はレーザー・カット。

  90mm径インペラーのダクティッド・ファン・ユニットを2個使用。適合モーター(()内はニッケル水素(NiMh)バッテリーセル数)はレーナー/1930-12(16)、1930-16(22)、HP/220/20A3P6(16)、220/30A4SP4(18-22)等。
バッテリーを効率良く冷却するため、機体の前部上面とキャノピー後上からバッテリー冷却空気を取り入れ、胴体後部から排出する構造。

  メ カは無尾翼機設定が可能な3ch。D−ボックス内にアンテナを敷き込み済みですが、日本国内では受信機のアンテナをそのまま使用することをお勧めします。

動力ケーブル用ゴールド・コネクター(L)(4ペア)、白色ゲルコートのGFRP製サーボ・カバー、リンケージ・パーツ、デカール付き。説明書はドイツ語ですが、写真と図入りです。

翼長1404mm、機長1022mm、翼面積35.6dm2。機体のみの重さ約880g。完成時の全備重量は2600〜3600g。

(お断り)キットは完成機のようなカラーリングをされていません。キットの写真のように白色ゲルコートの状態のままです。



機体裏面。右サーボ・カバーは主翼に仮止めした状態。
エンジン・ナセルの内壁の黒いスジは補強のカーボン・ロービング。



キリッとした垂直尾翼。内壁をカーボン・ロービングで補強。
GFRP製のエア・インティク。エンジン・ナセル内側に取り付けます。
GFRP製機首部

GFRP製のキャノピー。上のデッパリ部分はバッテリー冷却用空気取入口。

エルロン・サーボ取付穴に見える線は主翼内に敷き込まれたサーボ・リード線

主翼を後方から眺めています。主翼中央あたりに若干下反角が付いています。。

後方上から眺めたエンジン・ナセル。写真では見えにくいのですが、垂直尾翼を固定する部分に段差を付けて成形済み。

離陸時はショック・コードによる発航を推奨。車輪は付いていないため胴体着陸になります。飛行場やお好みに合わせてスキッド等を着装して下さい。

主翼裏面を斜め後方から眺めた状態

裏後方から眺めたエンジン・ナセル。赤い線はブラシレス・モーター用の3本の動力ケーブル。胴体内に敷設済み。

 

一覧表へ戻る